南仏スペシャルツアー 2015

2015.5.21

webbmg0521

 

19世紀の石造りの家、アンティークに囲まれたイレーヌ・シルヴァニーの南仏の家。

このプランを始めてから1つずつ積み上げてきた「南仏のいいところ」。
それをぎゅっとつめたスペシャルツアーをご用意しました。

夏休みの1週間で、イレーヌの家や南仏らしい景色に出会い、過ごすフレンチヴァカンス。
南仏滞在中は専用車で移動、アテンドも同行し、ホテルにもこだわったツアーです。

お申し込みの締め切りは、6/12(金)。
少人数限定の小さなグループツアーになりますので、お問い合わせはお早目にどうぞ。

 

以下はイレーヌ・シルヴァニーのご紹介です。※外部のサイトへ移動します。

⇒ イレーヌ・シルヴァニーのプロフィール
⇒ イレーヌ・シルヴァニーの家 photoギャラリー

———————————————————————————————————————————————————-

bonnet⇒ 詳しいプランのご案内(PDF)

イレーヌ・シルヴァニーの家を訪問する 南仏スペシャルツアー
※7/22(水)パリ発ツアー
旅行代金 お一人様あたり ¥310,000 (税込) (2名様1室利用の場合)

パリ滞在オプショナルプラン
※ 7/20(月・祝)日本発ー7/25(土)パリ発(26日日本着)5泊7日予定
旅行代金 お一人様あたり  ¥40,000 (税込) (2名様1室利用の場合)

※往復航空券、海外旅行保険等は含まれておりません。お客様ご自身でのご手配となります。
詳しくは、上記のプラン概要にてご確認ください。
※1名様、または3名様でのご参加、延泊をご希望の方は事前にお問い合わせください。

お申し込み締め切り日:2015/6/12(金)まで
※3組、計7名様までのお申し込みとさせていただきます。ご了承ください。

———————————————————————————————————————————————————-

戻る

メドック・マラソン2015

2015.1.15

hp_title_0208

昨年から参加させていただきましたメドック・マラソン。
お客様の声より「参加して本当によかった!」といただき、
ぜひ今年も!ということで、メドックマラソンのプランをご案内させていただきます。
メドックマラソン開催日:2015年9月12日
「9月なんてまだ半年も先。。。」と思ってしまいますが、なんと、2月の申し込み開始からあっという間に、参加枠は1万人は埋まってしまうのです!
参加のエントリーは非常に狭き門となっておりますので、ご興味のある方は早めにお問い合わせください。

 

NOUVELLE!! (新着)

2.8  サイトをオープンしました。
2.18  バスクのオプションツアーを掲載しました。

 

スケジュール

2/20 正午 一次締め切り(マラソンのみ先行締め切り)
※以後のお申込み希望については、エントリー枠に空きがあればお受けできます。

 

プランのご案内

今年は「ご予定にあわせてアレンジ自由」なシンプルプランをご用意しました。

お休みが短くても参加できる!メドックマラソン参加プラン

Médoc Marathonシンプルプラン

マラソンの前に、ちょっとバスクへ立ち寄り旅!
+バスクでおいしいもの巡り
 

お申込みされる方へ (お申込み前にお読みください)

⇒ 参加される方へのお願い

⇒ 参加お申込み方法

⇒ メドック マラソン 2015について

 

Pinboard by A3M

Pinboard by A3Mでは旅に関するまめ知識を紹介しております。
メドックマラソンに関しても参加者の実体験や感想などを載せていますので是非ご覧ください!

⇒ Pinboard by A3M
 

ご質問・お問い合わせ

プラン、お申込みに関するお問い合わせ
ア・トワ・マン (担当)山田 祐子
concierge@a3mains.com
☎ 080-3869-3003 (平日のみ10-18時)

南フランス イレーヌ・シルヴァニーの家

2013.2.4

南フランスの小さな村に、広大な畑の中にある古い石造りの家があります。
マダム シルヴァニーが、自身の人生の足跡を辿るように1部屋1部屋に「思い」を込め
生まれ変わらせたルネッサンス時代の家です。

それは、500年以上の時が経ったとは思えないほど、「生きること」への楽しみに満ちた場所。
初夏の太陽に照らされながら、キラキラと光る、たわわに実ったさくらんぼ。
木々の間をすぅーと抜ける、心地いいミストラル。
素朴な日よけの麦わら帽子さえもおしゃれに見えてしまう、マダム シルヴァニーの姿からも
この「自然」に溢れた南フランスのこの生活をこよなく愛していることがうかがえます。

「私自身が体感する”Art de vivre” =人生をよりよく生きるためのエッセンスを分かち合いたい」
そんなマダム シルヴァニーの願いを受けて、ア・トワ・マンのお客様用のプランが生まれました。

南フランスらしいフランスマダムのおもてなしと南仏の名所を辿る旅。ぜひご体験ください。

————————————————————————————————–
□ 日程例 パリ発着/3泊4日
※プログラムはお客様のご希望を伺い、アレンジさせていただきます。

1日目
朝 パリ出発 TGVでアヴィニヨンを経由し、アルルへ。
12:30 アルル市内へ。 昼食後散策。
ローヌ河沿いを歩き、アルルの城壁の中へ。
アルルの闘牛場、ゴッホが住んでいた黄色い家の跡地、再現された小さな部屋を見学、
ゴッホが描いた街角、カフェを辿ります。
<アルル泊>

2日目
朝 専用車にて移動。マダム イレーヌ・シルヴァニーの家へ。
※季節・天候によってプログラムは変わります。
マダム シルヴァニーと一緒に南仏のマルシェへ。色鮮やかなトマトや夏野菜、チーズの試食もお楽しみいただけます。
マダム シルヴァニーの家へ。フランス風のおもてなし、外でピクニックランチをどうぞ。
午後はゆっくりとアンティーク美術館のような家をご覧ください。
また、庭にてさくらんぼやあんずなど、熟した果実をもぎとってご試食を。
夜 マダム シルヴァニーおすすめのビオ・レストランにて。
<マダム シルヴァニーの家周辺の3ツ星ホテル泊>

3日目
朝 ホテルでゆっくりと朝食をどうぞ。
専用車にてお迎えにあがります。
—- ここからは季節・時期・天候によってプログラムが変わります—-
マダム シルヴァニーの案内で南仏の小さな村を訪問。
*アンティークマルシェ(土曜日)にて買い付けを
*ゴッホが滞在したサン・レミ・ド・プロヴァンス
ゴッホゆかりの街へ。きれいな砂糖菓子のお店なども立ち寄りながら。
午後はマダム シルヴァニーの案内で、友人のイブ・サンローランがこよなく愛した
プライベートガーデン「ピエール・ベルジェの庭」を訪問。
*オリーブオイルで有名な貴族の友人の家へ
オリーブオイルの製造工程やお庭、その家を見学
*ニーム/カマルグへ 乗馬体験やカマルグの塩など
*ユゼス お城や有名なローマ時代の水道橋、ポン・デュ・ガールを見学
<マダム シルヴァニーの家周辺の3ツ星ホテル泊>

4日目
アルルからアヴィニヨンへ。
午前中はアヴィニヨン観光を。
昼食後、午後のTGVにて、パリのホテルへ

————————————————————————————————–

おひとり様 あたり ¥330,000 ~ (税込)
(2名様でのお申し込み/2名様1室利用の場合のご参考金額  ※正式な料金はお見積りをご依頼ください。)

□ ご手配内容 <現地手配プラン>
パリ - アルル、アルルーアヴィニヨン、アヴィニヨンーパリ列車交通費(TGVは1等車)、全日程宿泊費、
移動専用車(ドライバー含む)、朝食(3)、昼食(1)日本語による通訳・アテンド含む

※昼食・夕食は含まれませんが、その日のプログラムに応じて提案させていただきます。

□ お申し込みの前に
+写真はイメージです。季節によってプログラム・内容は変わることがあります。
+パリのご滞在を含めてコーディネートをご希望や日本ーパリ往復航空券のご相談は、別途お問い合わせください。
+このプランは定員に限りがあります。事前にご相談ください。
+マダム シルヴァニーの家に日帰り訪問のコースもございます。お問い合わせください。

□ おすすめの日数  3泊4日  ご夫婦・お友達とご一緒に

マダム シルヴァニーのWebサイト”Be My Guest”でも、アクティビティや家、季節の写真をご覧いただけます。

Be My Guest

パリの歩き方がわかる!アテンド1日プラン

2013.1.28

「アテンド1日プラン」とは、ア・トワ・マンのプライベートアテンドが1日分と、
その日のプランニング・各種手配がセットになったお手軽プランです。

「パリを自由に歩きたい。1日目だけ困らないようにサポートして欲しい」

個人旅行やツアーのフリープランでパリを訪問される方から
ご要望いただきまして、「ちょっとした緊張や心配ごとをサポートする」
安心の1日パリ・アテンドプランを始めました。

詳しくは、こちらの資料をダウンロードしてご覧ください。

ダウンロード

お申し込み、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

↓お問い合わせの際は、以下の内容をメールでお送りください↓
メール宛先 : concierge@a3mains.com

件名:
1日プランの問い合わせ

本文:
① お名前(よみ)
② ご連絡先の電話番号 (自宅と携帯)
③ こちらから連絡可能な曜日・時間帯
④ ご旅行日程
⑤ グループ人数
⑥ ご質問

※携帯メールご利用の方は、こちらからのメールが受信可能かどうかご確認ください。
(迷惑メールフィルタ、ドメイン指定受信など)

南フランスへの旅

2012.12.13

DSC_0197.JPG
南フランスに吹く風を「ミストラル」と言います。
アルプス山脈を抜け、ローヌ河谷を通り、地中海へ抜ける、強い北風。
ゴッホの絵を彷彿させるような、黄色い太陽。
太陽の光に照らされて、みずみずしくたわわに実る果物。

パリとは見る景色が違う。光が違う。自然の強さが違う、と感じました。

パリで生まれ育ったフランス人の中には
仕事はパリで、休日やバカンスは南フランスで、と2つの人生の空間を持つ人たちがいます。

私たちが出会ったマダム、イレーヌ・シルヴァニーもその一人。
ご主人のジョルジョとたまたまバカンスで訪れた南フランスで
1つの「朽ち果てた」家に出会います。
彼女曰く、「恋に落ちたの、運命だった・・・」と。

長年かけ、1つ1つの部屋を作り上げ、その家は彼女にとって
Art de Vivre =人生をよりよく生きるためのエッセンス、がつまった
かけがえのない場所になりました。

「シンプルなもの、繊細なもの、美しいものを愛する日本の人たちに
ぜひ、この南フランスのArt de Vivreを知ってほしい」

2013年の新しい企画の旅はそんなイレーヌの思いから始まりました。

イレーヌ・シルヴァニーがプランニングする旅、Be My Guestとのコラボレーションとして
3泊4日の南フランスを巡る旅。

ア・トワ・マンの企画らしく、歴史やアートなどのテーマを盛り込みつつ、フランス流バカンスを体験いただくプランとなっております。

詳しいプランのご紹介は2013年1月末頃を予定しております。お楽しみに!

shapeimage_1.png

イレーヌ・シルヴァニー
ロシア生まれ、フランス育ち。
1980年より「エル」誌の編集長を4年、「ヴォーグ」(アメリカ/パリ)誌の編集長を
計8年務める。1993年より、「ヨウジヤマモト」のフランスクリエイティブディレクターに就任。
アルマーニ、故イヴ・サンローランなど数々のデザイナーを友人に持ち、ジャーナリストからの信頼も厚い。
今は亡き夫、ジョルジョ・シルヴァニー氏は、フランソワ・トリュフォーと共にセザール賞を受賞した映画監督であり、晩年はインテリア・アーティストとしても活躍。
また、彼女自身もニューカレドニアのホテルのインテリアデザインを手掛けるなど、
そのセンスとエスプリは高く評価されている。20年前、旅の途中で運命的に南仏の「家」に出会って以来、
パリ、プロヴァンスを行き来する生活が始まる。
夫、ジョルジョ氏と共に一部屋ずつの壁を塗り、アンティークで施した家は、様々な雑誌やカタログの撮影にも使われ、ヴァカンスの時期には様々なデザイナー、アーティストも訪れる場所に。

ロワール地方の旅

2010.11.27

B_DSC0053.jpg

パリからTGV(列車)で約2時間。フランスの歴代の王が愛した地域、ロワール渓谷。
そこに19世紀に建てられた水車小屋の、シャンブルドット(家庭風のホテル)があります。

Read the rest of this entry →

シャルトルの旅 *4月~9月限定*

2010.11.26

N_61_24_CL_GO_Chartres_en_lumi_res_Saint_Andr_-1.jpg

シャルトルブルーのステンドグラスで有名な大聖堂のあるシャルトル。

様々な彫刻が柱や壁に施されたルネッサンス期や中世期に建てられた小さな家、
川のせせらぎと小鳥の鳴き声が聞こえる、気持ちのいい公園、
「お皿のかけら」から生まれた見事な芸術作品、ピカシェットの家、
そしてステンドグラスだけでなくフランボワイヤン・ゴシック様式の彫刻がすばらしい大聖堂。

Read the rest of this entry →

シャンパーニュ地方の旅 *4月〜9月限定*

2010.11.25

IMG_0878.JPG

パリからローカル線TERにゆられながら、約1時間半。
そこはもう憧れのシャンパーニュ地方。
何世紀も前からずっと残り続ける独特のカーヴの空気にふれ、
シャンパンの作り手の情熱と年月を経て生まれる「香り」をお楽しみいただきます。

Read the rest of this entry →

ナント、ミュスカデの旅 

2010.11.25

DSC_0180.JPG

港町ナントから20km、ロワールの最南端でできるワインと言われる 、
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ。
ミュスカデと言えば、牡蠣にあわせるワインとして有名ですが、
その味は「とても奥深い」とドメーヌ・ピエール・リュノ・パパンのオーナー、
ピエール・マリーさんは言います。

Read the rest of this entry →

*2011年10月予定* ドメーヌでぶどう摘みとピクニック

2010.11.19

hp_DLP_1.jpg

2010年の秋、ナント近くにあるミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌのドメーヌにて
ぶどうの収穫に参加させていただきました。

Read the rest of this entry →